2010年02月06日

目撃者「気分悪くなった」=絵で現場を説明−秋葉原殺傷第3回公判・東京地裁(時事通信)

 東京・秋葉原で2008年6月、17人を無差別に殺傷したとして、殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)の第3回公判が5日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であり、前回とは別の目撃者男性が証人として出廷した。加藤被告が運転するトラックが通行人をはねた状況を絵に描いて説明し、「目撃して気分が悪くなった」と証言した。
 尋問は、傍聴席との間に仕切りが設けられ、証人の姿が見えない形で行われた。証人はサークル仲間と秋葉原に行って事件を目撃。「猛スピードでトラックが突進して2、3人はねられた」と話した。「事件以降、道端を歩くと襲われないか不安になる」とも述べ、生活に影響が出たことを明らかにした。 

JR函館線衝突事故 旭川−滝川駅間の運転再開 北海道(毎日新聞)
ハイチ支援の教訓生かす=医療チームが帰国報告−岡田外相(時事通信)
園児の保護者全員に保育体験、品川区が試み(読売新聞)
雪 交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方(毎日新聞)
橋下知事、私立高の実質無料化制度拡大の意向(読売新聞)
posted by ドラドラドラ at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。