2010年03月17日

バラエティー番組で民放連がシンポ 「作り手は信念を持って」(産経新聞)

 日本民間放送連盟(民放連)が主催するバラエティー番組の在り方を考えるシンポジウムが11日、東京都内で開かれ、民放キー局のバラエティー担当プロデューサーら50人が出席した。昨年11月に放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会がバラエティー番組に関して意見書を公表したことを受けての開催で、一般視聴者50人や関係者を交え、バラエティー番組の現状などについて意見交換した。制作者サイドからは、視聴者などからの批評を真摯(しんし)に受け止める一方、作り手は信念を持って番組を作るべきだといった熱い意見が多く語られた。

【関連記事】
「『関係者によると』は不適」 原口総務相発言に広がる波紋
「本当にいいのか」民放連会長が地デジ予算半減に懸念
民放連の広瀬会長が再任へ 推薦決まる
フジテレビが独自の「バラエティー宣言」を発表へ
バラエティー番組、出尽くした“小細工”
20年後、日本はありますか?

朝鮮学校除外でスタート=鳩山首相が示唆−高校無償化(時事通信)
「口、鼻、耳から血が流れ…」再現される秋葉原殺傷事件の惨状(産経新聞)
<政治とカネ>首相、改革強調 自民「責任取ってない」(毎日新聞)
非核三原則見直しを タブーなき議論必要(産経新聞)
日赤が医療チーム派遣=チリ大地震(時事通信)
posted by ドラドラドラ at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。